スキューバダイビング時に生理の場合、体験できるのか??

ダイビングにおいて女性の悩みの一つとして挙げられるのが生理です。特にインストラクターが若い男性だったりすると中々聞きづらいと思います。先に知識や周りの女性ダイバーがどういう対処をしているかを知って少しでも不安がなくなれば良いなぁと思います。

 

最初にお伝えしますが、経験を元にかなり赤裸々に書きますのでリアルな表現が苦手な方や男性の方は読まない方が良いかと思います。

 

まず、そもそも生理中にダイビングをしていいのかと言う事については答えはYESです。

 

生理中だからダメっと言う事はありません。もちろん「腹痛で歩くのも辛い」とか「貧血でフラフラする」とか言うのであれば止めておいた方が良いと思います。痛みを和らげるためにサプリメントや普段使用している市販薬を飲む事も可能です。(処方箋の薬を服用する場合はお医者様の許可が必要になりますのでご注意ください)

 

知っておくと便利なことについてお話しします。

 

ドライスーツでのダイビングでは基本的に洋服が濡れませんので一般的にはナプキンを利用する方が多いようです。私のオススメは場合によってはすぐに交換ができない事もありますので、いつもより長時間OKな物にしています。夜用の物を使うのも良いかと思います。

 

生理痛軽減の一つとしては、お腹を冷やさないというのも大事になります。対策としてはドライスーツの場合は腹巻をしたりお腹や腰にカイロを張ったりするのも効果的です。次にウエットスーツでのダイビングですが、水着を着ることになりますのでドライスーツより色々と対策が必要になります。

一般的にはタンポンを使う方が多いようですが苦手な方は海水を含むのも分かった上でナプキンを使う方もいます。 その場合は衛生面から見てもこまめに(1ダイブづつ)変える事をお勧めします。

「少ない時には何もしていない」っと言う方もいますが、どちらにしても水着だけでなく色の濃い短パンなどを履くと良いと思います。あとはウエットスーツ自体は水を通しませんので脱ぐ時に「シャワーを浴びながら脱ぐ」と言うのも万が一の時の対策になります。

ドライスーツと同様に寒さにも気を付けてフードベストを着たり、水中でも使えるカイロを使用したりするのも効果的です。 こちらの内容を読む事でも少しでも不安を取り除けたり役に立ってもらえたら嬉しいです。

 

STAFF 大川友香

  • 住所:〒250-0216 神奈川県小田原市高田276-1
  • 駐車場:有
  • お支払方法:現金/各種クレジットカード