ダイビングの耳抜きとは?

 

青く澄んだ水と白い砂、サンゴの森にたくさんのキレイな熱帯魚達、ぼーっと見て癒されていると、上にはみんなに人気の「マンタ」が優雅に泳いでやってきた…。

 

スキューバダイビングで入る海中世界は陸上では絶対に味わうことができない、非日常の世界です。のんびり、ゆったり、大自然と一体になる極上の時間を味わってくださいね。
そんな時間を味わうために絶対に避けて通れない作業(技術)が今回お話しする「耳抜き」です。

 

耳を抜く…ここだけ聞くと体を壊してしまいそうな言葉ですが、実際には「体を壊さないように行う作業」です。

 

 

最初に知っておくべき「なぜ耳抜きが必要なのか?」

これを理解するには簡単な物理を理解する必要があります。

 

物理!!!もうこれだけで降参!!!という方が多いと思いますが、実は超カンタン!まずは聞いてください。ポテトチップスの袋を高い山の上や、高い所を飛ぶ飛行機の中に持っていくとどうなるかご存知ですか?

 

「膨らみます」
「パンパンになります」が正解です。

 

 

なぜ袋は膨らんだのでしょうか?

 

 

引用元:http://maso-kinopio.blogspot.jp/2011/02/

 

これは気圧(空気の圧力)のせいです。袋にかかっていた気圧が少なくなったからです。気圧は外から押してくる力です。力が大きければ袋は萎みますし、力が小さければ膨らむわけです。

 

 

気圧と言ってもピンとこない方は「重さ」に置き換えて考えてみましょう。実は空気にも重さがあって、1リットルで約1.2gです。ちょっと驚きですね!空気は陸上ならどこにでも存在しますが、量はマチマチです。

 

高い山に行けば「空気が薄くなる」と言う話はご存知かと思います。つまり高い山の上の空気の量は少ないと言うことですね。空気が少なくなれば、空気の重さは当然軽くなりますし、気圧も低くなったと言うわけです。

 

 

さぁいよいよ水中に入っていきましょう!

 

 

水中の圧力はどうなるでのしょうか?
水中では水圧(水の圧力)がかかります。

 

水は空気に比べて重いですよね。空気の重さは1リットルで1.2gでしたが、水では1kgです。ものすごい差です。ですからダイバーが潜っていくと急激に水圧が大きくなってしまうのです。

ここでポテトチップスの袋を思い出してみましょう。

 

高い山へ行った時とは逆に、圧力のかかった袋は萎むわけです。人間の体の中のはこの袋に似た部分があります。

 

 

そう、耳です!!鼓膜と言う薄い膜があり、内側には空気が溜まっています。

 

ここが袋と同じ状態になってしまうのです。潜れば潜るほどどんどん萎んでしまします。そのままだと最後には鼓膜が壊れてしまいます。そこで行うのが「耳抜き」です。

 

 

耳抜きとはどのようなものか??

耳抜きは萎みかけた耳(鼓膜)の内側に空気を送り、元の大きさに戻してあげる作業です。実は鼓膜の内側は「耳管(じかん)」と言う管で喉と繋がっていて、ここが開くと喉から耳に空気が流れ込み、萎んだ耳は元に戻ります。耳管は通常閉じているので、必要な時に開いてあげる作業が必要です。これが耳抜きなんですね。

 

 

耳抜きのやり方はその人それぞれです。

①あくびを咬み殺す
②つばを飲み込む
③鼻をつまんで息が漏れないようにし、鼻息で小鼻が膨らむようにする

などです。

 

 

人それぞれやりやすい方法、やりづらい方法がありますので、抜けづらいと言う方は色々試したり担当インストラクターに相談してみてくださいね。

  • 住所:〒250-0216 神奈川県小田原市高田276-1
  • 駐車場:有
  • お支払方法:現金/各種クレジットカード