三浦市城ヶ島のダイビングポイントについて

三浦市にある城ヶ島とは

城ヶ島は、三浦半島の南端にあり、都心から約1時間半です。

この自然島では、地質学的にも堆積が約1000万年にわたって行われてきた白色の泥岩黒色の軽石層の地層が見られるため貴重なだけでなく、観光地としても高い人気があります。

相模湾と東京湾を分けている場所でもあり、1日で両方の海を楽しむこともできます。

ダイバーにも人気がある城ヶ島

水中にも陸上地形のジオグラフィックなものは続いており、ダイナミックで独特な景観をダイバーは楽しむことができます。

また、相模湾と東京湾に突き出た三浦半島の先端なので潮当たりが良く、魚影が濃いだけでなく、美味しい魚介類が取れるので島内には食事処が多くあります。

アフターダイビングも充実できダイビングも日帰りでできるため、関東ダイバーには人気のポイントです。

城ヶ島には新鮮でおいしい料理がたくさん!

城ヶ島の伊勢海老

城ヶ島の新鮮サザエ料理

新鮮とれたてのサザエ、生シラス、伊勢海老などおいしい食べ物がたくさんあります。

ダイビングを楽しんだ後は食事処に寄って海の幸を味わうのも人気の1つです。

三浦市にある城ヶ島のダイビングポイントとは?

城ヶ島のダイビングポイントは、東京湾を東に、相模湾を西に、さらに黒潮の分流が南に流れ込むというように潮の3つが混じるので、いろいろな生物が多い絶好のポイントです。

地形は、岩質が島の東西では違っており、大地震が度々発生して隆起を何度も繰り返したので、ダイナミックな最大100mの長さ、10数mの深さのドロップオフやビッグクレバスなど、他にはダイナミックさは類がありません。

見どころは可愛いウミウシと回遊魚

城ケ島の見どころは、可愛いウミウシや回遊魚です。
ウミウシは東京湾側のポイントで多く見ることができます。
種類も豊富で1回のダイビングで10種類程度見れることもあります。

また、秋は回遊魚のシーズンで相模湾側のポイントで見ることができます。
また、夏〜冬のシーズンは季節来遊魚のカラフルなものが見られ、冬のシーズンにはダンゴウオが見られます。

それぞれのダイビングポイントには、ガイドロープが設置されているため、じっくり撮影したりフィッシュウオッチングなどしたい方にもおすすめです。

梶の浜ビーチはエントリーエキジットはコンクリートの階段になっており、更に丈夫な手すりがあって初心者でも安心なポイントになっています。
浅いポイントなのでそれほどエアを気にすることもなくナビゲーションの練習などすることができます。

城ケ島のアクセスMAP

画像引用元:https://www.tripadvisor.jp/Restaurants-g1021284-Miura_Kanagawa_Prefecture_Kanto.html