スキューバ ダイビングを始めたい。でも、費用はどれくらいかかる?

「ダイビングを始めるにあたって費用はどのくらいかかるのか?」皆さんが疑問に思うことですね。

「ダイビングはお金がかかる趣味」とよく言われたものですし、今もそう思われている方も多いのではないかと思います。

では細かく見ていきましょう!

A.オープンウォーターダイバーコース受講 40,000円~

実はここが1番厄介です。ダイビングショップは新規のお客様が欲しいので、この料金を低く設定することが多いです。中には1万円台なんてところもあります。でもその料金の中には何が含まれているのか?別にかかる費用はいくらなのか?をしっかり確認する必要があります。「レンタル代は別」とか「Cカード申請(発行)料は別」などが多いパターンです。

また、全部込みの料金なのに非常に安い価格のダイビングショップは以下の2点に注意して下さい。

 ①オープンウォーターダイバーの1つ前のレベルを初心者向けコースとして販売しているかも?
 ②器材購入や別の講習受講が別途必要かも?コース中に執拗な勧誘があるかも?

①ですが、まずダイビング指導団体によってコースの呼び名が違うので気をつけて下さい。ホームページを見てもよくわからない場合はダイビングショップに「このCカードを取得すると最大水深何mまで行けるようになりますか?」とお問合せ下さい。18mより浅い水深ならオープンウォーターダイバーの1つ前のレベルです。オープンウォーターダイバーになるには別途講習が必要となり料金がかかります。

次に②です。ぶっちゃけて言いますとオープンウォーターダイバーコースはかかる時間と経費が大きく、利益率の悪いコースです。このコースだけでは商売になりませんので、必要になる器材をご購入いただいたり、その後継続して潜りに来ていただくことで利益を出しています。料金があまりにも安いダイビングショップは器材やCカード取得後のダイビングを販売しなければまずいので必死になるわけですね。

B.ご自分の器材購入55,000円~

ダイビングは器材あってのレジャーです。元々陸上の動物である人間が器材の力を借りて空気のない宇宙へ旅行するようなものです。自分の事は自分でできるようにならなければいけません。その為にも自分の体に合ったダイビング器材のフルセットが必要になります。でも最初からフルセットは…と言う方は

 マスク(水中メガネ)
 スノーケル
 フィン(足ひれ)
 ダイブコンピュータ

の4つだけは必要最低限として必ず揃えましょう!

  • 住所:〒250-0216 神奈川県小田原市高田276-1
  • 駐車場:有
  • お支払方法:現金/各種クレジットカード